11月21日土曜日はビーチ清掃に参加してみませんか?

やっと肌寒くなってきて、秋を感じるようになりましたね。

さて、11月21日土曜日にビーチ清掃のイベントを開催します。毎月第三土曜日に開いているものです。nothin-but-sand-will-rogers

この清掃活動は、どなたでも参加できるオープンイベントです。清掃に必要なバケツ、手袋などの道具はHeal the Bayが用意するので気軽に参加いただけます!

お子さんのコミュニティーサービスとしてもカウントできます。クリーンアップ後に証明書を書きますので、清掃後レジストレーションのテントにいるスタッフに問い合わせてください。

詳細は以下の通りです。

日時: 11月18日土曜日 午前10:00 から12:00まで

場所: Toes Beach

     6200 Pacific Ave.
Meet at lifeguard tower 41
Playa del Rey, CA 90272

地図はこちらから

 15人以上の団体で参加する方は全体のおおよその参加人数を把握するためメインオフィスに連絡ください。
当日レジストレーションがスムーズにできるように、ウェイバーに事前にサインをし持参いただくようにお願いします。フォームはこちら。 ウェイバーとは、責務権利放棄のことをさします。つまり、ビーチ掃除の時に生じた怪我や万が一、命を落としてもHeal the Bayは責任持ちません。自分のリスクでビーチ掃除してくださいということを示した書類のことです。こちらの書類、18歳以下の方は保護者のサインが必要で す。現地でも配布していますが、保護者の方と一緒に参加しない方は事前に必ずサインをもらってきて下さいね!サインがない方は参加できません。
なお、屋外の活動になるので、服装は適切なものを着用してきてください。帽子・サングラス・日焼け止め等各自必要なものは持参してください。
水筒もお忘れなく!

エルニーニョが来るぞ!Storm Response Teamに参加してみませんか?

Heal the Bay El Niño storm response team

きれいなビーチを保つため、か弱い海洋生物を守るため、Storm Response Teamに参加してみませんか?

SRTとは、ボランティアが主体のプログラムで、雨が降ったときにゴミが海に流れ出る前に ビーチに行って、ごみ拾いをします。

なぜそれが重要なのか?

雨が降ると、雨水が街中のゴミや汚れを集め、浄水されないまま海へと流れ出てしまいます。これが海の水質汚染の一番大きな原因となっているのをご存知でしょうか?LAは洪水を予防することを優先して雨水排水路が作られているので、雨水はすべて直接海へ流れる設計になっています。エルニーニョが来て、今年の冬多くの雨をもたらした場合、海に流れ込む汚染水、ゴミは今までで最大の量になることでしょう!

SRTのボランティアになったら何をするの?

その答えは簡単!ごみ拾いです。Healthebayが毎月行っているビーチ清掃と同じく、ビーチでのごみ拾いをしてもらいます。出動要請は携帯メッセージまたはメールで送ります。知らせを受けたら、ビーチへ行きSRTボランティアの仲間と一緒にごみ拾いをして下さい。

どのビーチにSRTボランティアが必要?

雨の後、一番ゴミが多い場所へ行ってもらうことになります。はっきりとここ!というこはできませんが、バロナ・クリーク付近のビーチ、サンタモニカのピコ、ケンター雨水用水路が含まれる地域になります。場所は出動要請のメールにてお知らせします。

ビーチ清掃をするのにSRTのボランティアにならなきゃいけない?

絶対にメンバーにならなきゃいけない、なんてことないですよ!フリーランスも大歓迎です!ただ注意点が二つ。

1.干潮時(サンタモニカでは夕方)にビーチに行くこと。雨が降ったあとの満潮時にはビーチに行かない

2.手袋とバケツを用意していく

この二つは守ってくださいね。特に1番。自分の身の安全は確保して下さいね!もし一人でゴミ拾いをしたら写真を撮って、info@healthebay.org またはソーシャルメディアに#StormResponseTeamとハッシュタグをつけてシェアして下さい!.

やってみよう!と思った方は・・・・? 

下のサインアップのボタンをクリックして携帯電話の番号とメールアドレスを登録して下さい。雨が降ったときだけ、連絡しますね♪

Sign up for the Storm Response Team

ボランティアオリエンテーションのお知らせ(11月9日月曜日)

Heal the Bayと一緒に活動したい方へ!ボランティアオリエンテーションを8月10日月曜日に行います。 ボランティア活動に興味のある方は是非参加してください! 日時は以下の通りです。

日時: 11月9日月曜日 19:00~21:00まで

場所: Heal the Bay メインオフィス

住所:1444 9th Street Santa Monica, CA 90401 MAP

Heal the Bayについて、私たちのミッションについて、そしてあなたの力が必要な活動などをご紹介します。 ボランティアと一言で言ってもたくさんの機会があるので、きっとあなたが活躍できる場があるはずです。 一例として、

  • ビーチキャプテン(毎月第三土曜日に行うビーチクリーンの手伝い及び注意事項の説明:要トレーニング)
  • オフィスサポート(メインオフィスで毎週水曜日13:00-17:00まで)
  • コミュニティ・アドボケイト(要トレーニング)
  • サンタモニカピア水族館でのボランティア活動
  • 水質調査グループでボランティア(要トレーニング)

トレーニングが必要なボランティアもあります。それらの詳しい情報もオリエンテーションで説明します。 詳しいボランティア活動についてはHeal the Bayのウェブサイトでご覧下さい。

Shirt in Crowd - Boun - 120x120 Aquarium Touch Tanks - 120x120Inland Cleanup - LA River - Picking Up Can - 120x120Volunteer in Office - 120x120

チェックリスト;エルニーニョが来る前にやっておくべきこと

LAでは普段ほとんど降らない雨。ちょっと降ると街もちょっとしたパニックになりますよね。

エルニーニョ現象によってもたらされる雨はいつもより多いとされています。雨が降るか降らないかははっきりわかりませんが、万が一の大雨のときに備えて今から準備をしましょう!

家屋への準備

雨樋や縦樋の整備!ほこりや葉っぱなどで雨樋や縦樋はつまっていませんか?雨樋が詰まると、実際に雨が降ったときにスムーズに雨が屋根から下りてこられません。これらを今のうちに掃除しておきましょう!また縦樋が家屋の土台に向いていないかチェックしておきましょう!また家屋の土台のまわりの土がしっかりと盛られているか、そのまわりに水がたまらないようになっているかも確認しましょうね!

雨水貯水タンクの設置!手始めとして縦樋に雨水貯水タンクを設置しましょう。この設置を行うと、屋根の上の1スクエアフットの範囲に雨が1インチ降るとハーフガロンよりちょっと多い量の雨をタンクに集めることができます。例えば、10x10インチの屋根の上に、1インチの雨が降ったとすると6ガロンx100スクエアフット、つまり60ガロンの雨水が集められるということです。もっと水を集めたい方は大きめのタンクを設置して下さいね。雨水貯水タンクについてもっと知りたいという方はこちら www.heytanksla.com、 www.rainreserve.com または www.urbanwatergroup.com をチェックしてみてください!

雨水を貯蔵できる設備を整える! 時々降る雨のときでも、エルニーニョによってもたらされる大量の雨であっても、天からの恵みを最大限利用する努力をしましょう!もし、家を持っている方は是非、今年の計画に加えてみてください。少しであっても多くの方が取り組めば大きな力になります。

詳しくは下のリンクから詳しい情報をチェックしてみてください:

  1. Driveway Cross
  2. Dry/Gravel Swales
  3. Dry Wells 
  4. Permeable Pavements
  5. Planter Boxes
  6. Rain Barrels & Small Cisterns
  7. Rain Gardens
  8. Vegetated Swales

家族と家の安全を確保するために

家屋の安全確認!ゴミがつまって水が溢れそうなところはゴミを取り除き、雨樋をきれいにしましょう。

保険に入る!もし、加入済みなら補償範囲の確認をしておきましょう。政府が発行しているこちらの情報で洪水のリスクを確認できます。

災害対策キットの準備!基本の装備は水用のタンクと以下のものです。

  • チャンネルを手で回してセットするタイプのラジオ(情報収集のため)
  • 懐中電灯
  • 電池
  • 救急箱
  • 缶詰の食品と缶きり
  • 携帯電話と充電器(電池のタイプや太陽光発電のタイプ)
  • いつも飲んでいる薬
  • メガネ(メガネをかけている方、コンタクトの方は古い予備のメガネ)
  • 赤ちゃんがいる家庭は調整ミルクと替えのオムツを用意しておきましょう
  • ペットのための水と食べ物

他にも家庭状況などによって必要な品物が変わってくると思うので家族と話し合って、各家庭でそれぞれの災害対策キットの準備をして下さい。

エルニーニョウィーク!(10月11日~17日)

今冬はエルニーニョ現象によって大雨が予想される、といわれていますね。そのニュースをお聞きになった方もたくさんいるのではないでしょうか。干ばつが続くカリフォルニアにとってはとてもいい知らせのように思う方もいるかもしれませんが、実は恵みの雨と同時に様々なな問題を引き起こす可能性も高いのです。

まず、雨が降ったときとのお決まりですが、大量のゴミと汚染物質がビーチに流れ着きます。 また、大量に雨が降るということは洪水や土砂崩れなどが起こるとも予想されます。

ということで、今週11日から17日までをHeal the Bayではエルニーニョウィークと題して毎日エルニーニョに関するブログを更新するほか、サンタモニカピア水族館ではイベントを開催します。予定はこちらの通り。

英語のブログは予定にあるとおり毎日更新されるので興味のある方は是非、チェックして下さい!

今回はエルニーニョ現象とは何か、という基本的な事柄から見ていきましょう。

エルニーニョ現象とは? 

エルニーニョ現象とは、地球全体の気候に影響をもたらす気候イベントのことです。太平洋の海面水温が1年以上平年より高い状態になるとエルニーニョ現象が引き起こされます。世界中に大きな気候変動を起こしますが、アメリカでいうと南西部に大雨をもたらします。

参考になるサイト:
気象庁:http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/data/elnino/learning/faq/whatiselnino.html

地球温暖化原因や対策について:http://www.plus-ondanka.net/a06_elnino.html

いつエルニーニョが起こるとされている?

今年2015年の秋の終わりから冬にかけて起こるとされています。例年以上に湿度の高い夏、7月の雷雨などもエルニーニョ現象の前兆です。la-me-ln-massive-el-nino-is-now-too-big-to-fai-001

エルニーニョ現象によってたくさん雨が降るっていわれているけど、本当?

エルニーニョ現象だからといって絶対に雨が降るともいえないのが本当のところです。エルニーニョ現象であったとしても雨が降らなかった年もあるため、雨が降る・降らないという両サイドのディスカッションがされているのです。

一番最近のエルニーニョ現象化で南カリフォルニアに大雨をもたらしたのは1997-98年でした。今夏の海の平均海面温度が過去大雨をもたらした97年と同じなので、今年のエルニーニョは大雨をもたらすのではないかと予想されています。

どのくらいの雨が降るの?

過去最強であった1997年のエルニーニョによってもたらされた雨は右のグラフの通りです。1998年の2月、ダウel-nino-record-rainfall-graphンタウンLAで観測された雨量は1ヶ月で13.68インチ(約34.74センチ)でした。この1ヶ月だけで一年に降る平均雨量と同じくらいだったというのだからびっくりな量が降ったということになりますね。今年が1997-87年に起こった現象と全く同じであればこの倍降るかもしれないとも言われていますが、雨がどのくらい降るかというのは風向きによって決まるので今の時点ではなんともいえないのです。こういったことからも実際になってみるまでどのくらい強い影響が出るのかというのは完全に予想できるものではないのです。

LA内でどこが一番強く影響を受けると予想されている?

先ほど述べたようにどのくらい雨をもたらすのかははっきりとはわかりませんが、もし大量の雨をもたらした場合、土砂崩れの危険性が高いとされる近所が一番の被害を被ることになるでしょう。また家の近くにある雨水排水路が詰まっている近所は洪水の被害を被る可能性が高くなります。もし、排水路がゴミで詰まっているのを見つけた場合は市に連絡してゴミを取り除いてもらいましょう。連絡先はこちら:Storm Drain Hotline at (800) 974-9794

もし雨が降ったら干ばつは解決するの?

残念ながら解決にはなりません。カリフォルニアには43ミリオンエイカーフィートの水をためておくことができるとされていますが、その75%を貯水できるカリフォルニア最大のダムはサンフランシスコとLAのちょうど中間点に位置するフレズノという街にあり、エルニーニョによって雨がもたらされても、そのほとんどが南カリフォルニアに降ると予想されているので雨が降ってもフレズノのダムには水が満タンまでたまらないのではないかと予想されます。また、今現在南カリフォルニアには雨をためておくタンクなどの設備が整っていないため、せっかく雨が降っても海に流れていってしまいます。一時的には効果があっても4年続く干ばつを一度に解決してくれる、というわけではなさそうです。

さて、ここまでエルニーニョ現象について書いてきましたが最後に雨が降ったときのルール3つを書いて終わりにします。

1.雨が降ったあと72時間は海に入らないこと(すぐあとは波が強かったり、ゴミや汚れが海岸近くにまだある可能性が高いので天気がよくてもちょっと我慢しましょう)

2.雨水排水路の出口、ピアや囲まれていて水の回りがよくない場所は避けること(そこに汚染されたものがたまっている可能性があります!)

3.Heal the Bayの発行している ビーチリポートを確認して水質を確認してから海に入りましょう!

英文のブログはこちらから。

CCDの成果

先週末はCCDでしたね。参加してくださった皆様、暑い日差しの中、本当にご協力ありがとうございました!

結果として、

 総勢9,475名のボランティアが参加し、21,310 パウンドのゴミを集めることができました!

たばこの吸殻はもちろん、食品の包装紙、発泡スチロール、ペットボトルやペットボトルのふたなど様々なゴミが拾われまcute-boy-bucket-beachした。

今年はちょっと変わった拾いものもあったようです。100ドル入ったお財布や、銃弾45個、ボウリング用のボール、鶏の死体など・・・

不思議なものがビーチに落ちていたようですが、じっくりと見てみるとたくさんのゴミがビーチに落ちていて、やっぱりそんなところでは子供が遊ぶのは好ましくないですし、できればきれいな海で自分の時間を過ごしたいですよね。自分で持ってきたゴミは持ち帰るのはもちろんですが、街中でもゴミは落さず、きちんとゴミ箱へまとめておきましょう。

先週火曜日の雨の影響もあっていつもよりゴミが多くあったかもしれません。雨が降った後の様子はこちらでご覧いただけます。

今回参加できなかったという方、大丈夫です!Heal the Bayでは、誰でも参加できるクリーンアップを毎月1回、第三土曜日に行っているのでこちらに是非参加して下さいね。ここでもお知らせを出していきます!

コースタルクリーンアップデイに参加しましょう! 9月19日土曜日

今年のカリフォルニア・コースタル・クリーンアップ・デーは9月19日土曜日です。

早速カレンダーに入れておきましょう!

毎年9月の第3土曜日が国際海岸クリーンアップコースタル・クリーンアップ・デー(Coastal Cleanup Day, 訳してCCD)です。インターナショナルなイベントで日本では、国際海岸クリーンアップと呼ばれています。

Date: 9月19日土曜日
Time: 9 AM – 12 Noon
Location: サンタモニカ湾全域のビーチとその他内陸の場所など
参加費:無料
持ち物: マイボトルに入れた水、日焼け防止用に帽子や日焼け止め、スニーカーなど動きやすい靴がお勧め、あとできたらマイお掃除道具。
お申し込み:下のSign me up! からでも、こちらからでも、申し込みできます。でも、しなくてもいいです。ですが、してくれるとどのロケーションに何人くるか予想ができるので助かります。特に、グループで参加する人たちは前もって教えてくれると助かります。

Register for Heal the Bay's Coastal Cleanup Day 2015